2. 柳生新陰流の歴史

奈良柳生街道
奈良柳生街道
撮影:森山雅智氏 写真提供:日興美術株式会社

<2-1 創始からの新陰流>
 およそ五百年前の戦国時代、上州(群馬県)に生まれた上泉伊勢守藤原秀綱(のち信綱)は、若くして刀、槍などの諸流の武術に通じていました。中でも愛洲移香斎から陰流を学び、その後新たに「転」(まろばし)という考え方に目覚め工夫を重ねて新陰流を拓きました。

柳生石舟斎宗厳
柳生石舟斎宗厳 自筆(兵法百歌集)
 当時、大和にいた柳生石舟斎宗厳は新当流の遣手で五畿内随一といわれた兵法者でありました。伊勢守は京に上る途上、伊勢国司北畠具教卿の紹介で興福寺の子院である宝蔵院において、宝蔵院胤栄を立会人として石舟斎と会いました。石舟斎は上泉伊勢守と立合いましたが足下にも及ばず、直ちに流祖の弟子となり新陰流を究めます。その後無刀の位について開眼した石舟斎は、伊勢守から正統第二世の印可を授けられました。

 石舟斎は五男・宗矩と共に徳川家康公に新陰流を上覧に供しました。その縁で、宗矩は家康公に仕えることになり二代将軍秀忠公、三代将軍家光公の兵法師範となりました。このことによって新陰流の名は天下に知られることとなりました。宗矩は「江戸柳生」の開祖となりましたが、宗矩の曾孫・俊方以降は他家からの養子が家督を継ぎ、石舟斎以降の柳生家の血筋は惜しくも絶えてしまいました。

 一方、利厳は石舟斎の長男である厳勝の次男として生まれました。利厳の兄久三郎は朝鮮で討死し、利厳は嫡孫となりました。彼は幼いころから、資質、兵法ともに祖父石舟斎に瓜二つと言われ、児孫の中で最も石舟斎に愛されたと伝えられています。祖父の膝下で兵法を修練し、正統第三世の相伝を授けられました。後に、利厳は尾張初代藩主徳川義直公の兵法師範となり、居を尾張に移し、「尾張柳生」の礎を築きました。元和偃武(げんなえんぶ)の時代に適応した「直立(つったつ)たる身の位」を考案した利厳は、その子連也厳包とともに新陰流の術理を発展させました。

柳生連也斎厳包
第五世 第五代 柳生連也斎厳包
尾張柳生開祖 兵庫助利厳
尾張柳生開祖 兵庫助利厳
 利厳は義直公に道統を譲りその後を継いだ厳包から尾張徳川家二代藩主光友公へと、その後も三代藩主綱誠公が宗家を継承したように明治維新を迎えるまで腕の立つ7人の藩主(うち1人は世子)と11人の尾張柳生家当主により新陰流は受け継がれてきました。

<2-2 近代以降の柳生新陰流>

柳生家親族写真(大正11年頃)
尾張柳生家の庭にて第十九世柳生三五郎厳周夫妻を囲んで喜寿を祝う一族の写真(大正十一年頃)
 明治九年廃刀令とともに斯業は頽廃しましたが、第十九世柳生厳周は家伝新陰流の純粋相伝を念として、一門孤立の道業に力をあわせ、家人子弟を養成して明治年間を通じて道業を続けました。
 大正二年、厳周は師範補助厳長と共に宮内省済寧館へ出仕しました。これは明治天皇による新陰流の永遠保存の御旨によるものでした。残念ながら大正十年十二月に至り主管皇宮警察規綱の改革によって、御保存の道業は廃絶しました。

第二十世宗家 柳生金治 平 厳長
第二十世宗家 柳生金治 平 厳長
 第二十世厳長は、東京を拠点にして、在京の一族、柳生房義・一義父子によって建てられた道場「碧榕館」やその閉館後に尾張柳生家によって建てられた「金剛館」にて、新陰流の普及に努め、近衛供奉将校団師範、武徳会全国各府県中央講習会講師などを歴任しました。
「碧榕館」は神奈川県鎌倉市の円覚寺に寄付され、現在「居士林」(こじりん)と呼称を改め在家信者のための坐禅道場となっています。

 戦災によって兵庫助利厳以来の名古屋の屋敷と道場は焼失し、その活動すら危ぶまれた時期もありました。昭和三十年、最高裁長官石田和外氏はじめ諸氏の支援のもとに東京柳生会が発足し、厳長は活動を再開しました。さらに厳長は新陰流の歴史や理論を後世に残すべく『正傳・新陰流』(講談社・島津書房復刻)を著しました。

第二十一世宗家 柳生延春厳道
第二十一世宗家 柳生延春 平 厳道
 昭和四十一年、第二十一世の延春厳道が柳生会を継承し、昭和四十四年、柳生会東京月例会にて厳長の後を受け継ぎ第一講道を再開しました。そして、東京、名古屋、大阪などを中心に柳生会の教場をひろげました。

 柳生家に伝わった新陰流という意味を明確にするため、昭和六十三年四月より「新陰流」ではなく「柳生新陰流」という呼称を使い始めました。

 平成一九年五月に延春厳道が逝去し、第二十二世耕一厳信が尾張柳生家第十六代当主となりました。

柳生新陰流兵法講道資料
柳生新陰流兵法講道資料
 現在、柳生会は名古屋、東京、関西に加え米国、香港の各地域柳生会で宗家指導のもと、柳生新陰流の活動を行っています。