6-2 柳生耕一平厳信 著 『負けない奥義』

 徳川将軍家の兵法指南を務め、その庇護のもとに発展、現代まで四百五十年近く伝わる剣­術兵法「柳生新陰流」。

 映画『七人の侍』や柳生十兵衛の剣豪小説にも描かれている新陰­流は、技より心を鍛えることに重きを置く剣術を掲げ、「天下の剣」と恐れられた。その­極意をいまに継ぐ秘伝の書をベースに、厳しい時代を生き抜く勝負哲学、負けない奥義を­指南する。

提供: SBクリエイティブチャンネル